ミッションパイロット

デイビッド・ゲイツ

  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より 著者 アイリーン・ラントリー  訳者 留美子ジョンソン・井深光子 私たちは神様を信じ、神様が存在なさることを知っており、そのみわざを見ています。そして無条件に神様に信頼していると口にします。それなのになぜ、神様が私たちの人生において奇跡を行われると驚くのでしょうか? この“ミッションパイロット”は神様の偉大な働きと導き、デイビッドとベッキーの人生への神様の驚くべき介入を世の人々に叫んでいます。 皆さんは、乳飲み子のデイビッドの内臓が正しく機能するように働かれた、神様のみ手の巧みなわざを認めるでしょ... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より 「きれいですね。教授!霧が高原をおおっていますよ」。 20代半ばのアメリカ人ミッションパイロット、デイビッド・ゲイツは、セスナ185スカイワゴンの操縦席で前方にもたれかかり、地平線をじっと見つめました。厚い雲が南メキシコのシエラ・マドレ山脈の上に重くのしかかっています。 「このあたりは1日中、たくさん雨が降ったに違いありません」と彼は続けて言いました。「自分たちの病院の滑走路は小規模で、着陸するにはかなり危険です」とデイビッドははっきりしたボリビア訛りのスペイン語で、操縦席の隣に座っている年配のメキシコ人に話し... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より デイビッドと教授が運転台の方に身を寄せて体を丸めていると、雨が激しく降っていました。曲がりくねった道路と低速ギアが、山越えの行程に入ったことを物語っていました。デイビッドはその朝、コートも着ずに半袖シャツで家を出ていました。彼は冷たい風が骨の髄まで染み入るのを感じ、震え始めました。 「機長、寒そうですね」と兵士が言いました。 「あぁ、少し寒いね」と彼は答えました。 兵士は自分の上着を脱ぐと、デイビッドの体の前面を覆うようにそれをかぶせ、やさしそうな声で、「私の上着を着なさい。持っていていいですよ」と言いました... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より デイビッドと教授はその監房に2日間いました。彼らは聖書の約束を語り合いながら時を過ごしました。神様はこれから先のために、彼らの信仰を力づけようとして小休止を与えられたのでしょうか。それともバプテスマのヨハネのように、「光についてあかし」(ヨハネ1:8)する備えをするために、刑務所での時間を与えておられたのでしょうか。 「神を愛するものたち、ご計画に従って召されたものたちと共に働いて万事を益としてくださる方が、どのようにして働かれるのか見るのは興味深いことです」とデイビッドは言いました。 3日目に看守が、「ついて... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より 2日目の晩、寝床を整えてから、ふたりの囚人の手をとって祈っていると、デイビッドは多くの目が自分をじっと見ているのがわかりました。横たわると部屋に沈黙がたちこめ、彼はイエスのやさしい臨在を感じました。 しかしなかなか眠れませんでした。彼は考えるのを止めることができませんでした。飛行機は彼の人生の中で大部分を占めており、今彼の思いは、逮捕と入獄の理由となった、失ったばかりの1機と、操縦してきた別の何機かの飛行機へと向かいました。神様が初めての飛行機を用いて、どんなに祝福してくださったかを思い出しました。少年の頃、よく父親... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より 安息日の朝、デイビッドは教授と話をしました。 「ここの刑務所で神様を礼拝して、安息日を守りたいですね。神様は、私たちがここの人たちと一緒に安息日学校をするために特別な計画を持っていらっしゃるにちがいありません」と、デイビッドはその思いを語りました。 「でもどうやって?刑務官のところへ行って、説教ができるように頼むことはできないというのはわかっていますよね。彼らは許可をくれないでしょう」と教授は尋ねました。 「いい考えがあります。別の要望をしてみましょう」 彼らは一緒に刑務所所長のところへ行き、「他の受刑者へ... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より その祈りの集まりは、ハヤサカ牧師を勇気と信仰で満たしました。彼は翌朝早くから、またそのプロテスタントの弁護士を捜し始めました。彼は歩き、探し、会う人すべてに尋ねましたが、何らかの情報を与えてくれる人はだれもいませんでした。 数時間後、彼は静かな場所で休憩をとり、神様に嘆願しました。「尊き主よ、私はこれ以上捜せません。もしゲイツ機長と教授を弁護する、ナザレン教会員の弁護士を私が見つけることをお望みであるなら、あなたが私をその人の所に導いてくださらなければなりません。私はどこに向かえばよいかわかりません。どうか神様、あな... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より 獄舎のセメントの床の上で寝返りを打つデイビッドに、眠りは訪れませんでした。 彼は、何度も繰り返し祈りました。「主よ、なぜですか。これが、私のためのあなたのご計画ですか」。彼は再び、「わたしは神に信頼するゆえ、恐れることはありません。人はわたしに何をなし得ましょうか」(詩篇56:11)との声を聞く思いがしました。 「すみません、主よ。私はあなたが私と共におられることを知っております。そしてあなたは、あなたのご計画を実現されるということに信頼します。もっと幸福な考え方をするように助けてください」 再び彼の思いはベッキ... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より 失望していたデイビッドは、翌日が特に大切な日であるのを忘れていました。しかし、神様は忘れておられませんでした。神様はご自分の愛する子を驚かすために、このアメリカ人をもう1日刑務所にとどめることになさったのでした。 その日、法律顧問はデイビッドの保釈金を検察官に渡しました。検察官はそれを自分の懐に入れてしまい、それから、自分の机に戻り、文書に署名し、それを顧問弁護士に手渡して、「われわれは訴訟を取り下げた。さあ、保釈金を払ってゲイツを出しなさい」と言いました。 その時になって初めてデイビッドは、彼が払った代価はほ... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より 合衆国にいる両親を訪ねて短い休みをとった後、デイビッドとベッキーは、セブンスデー・アドベンチストのインカユニオンから、ペルーに戻るようにとの要請を受けました。「私たちは、誰かユニオン全体のコンピューターによる奉仕を指揮する人を必要としています。どうか来てリマで私たちと共に働いてください」 この任務はデイビッドにとって、ほとんどが旅行続きの日々となることを意味しました。彼が持っているコンピューターの専門知識を求める緊急要請は、途絶えることなく来ました。彼は1ヶ月家庭から離れ、1ヶ月はオフィスに、それからまた1ヶ月出て行... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より 1990年にペルーのインカユニオン教会本部は、デイビッドを、インディアナポリス教区のビジネス会議の代議員にしました。彼らは英語からスペイン語に通訳する技能のある人を必要としていました。デイビッドにはポルトガル語、ドイツ語、フランス語に変換する言語能力がありましたが、特にスペイン語への同時通訳を正確に早くすることができました。その会場のスペイン語圏の代議員たちは、説教やビジネス会議を彼らのヘッドフォンに通訳する彼の奉仕を感謝しました。これは彼を、早朝から深夜まで忙しくさせました。彼はストレスに満ちた状況下で働き続けながら、合... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より デイビッドは、1993年にソフトウェアエンジニアリングの卒業研究を終えると、トリニダードの首都ポートオブスペインのカリビニアンユニオンカレッジの学長、シルヴァン・ラシュレイ博士から連絡を受けました。 「私たちには、コンピューター業務の指導者としてぜひあなたが必要ですが、問題がひとつあります」と学長は言いました。「外国人のための予算がないのです」 「その仕事ができる人を他に見つけられますか」とデイビッドは尋ねました。 「あなたのように訓練と経験のある人はだれもいません」 「私はAVS (アドベンチスト・ボランティ... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より 「ベッキー、解決はひとつだけ、飛行機だよ」と、パイロットである彼女の夫は確信を持って話しました。「だが今のところは、僕らにはかろうじて医薬品と食品を買えるお金があるだけだ」 ベッキーとデイビッドは神様の導きを求めて祈りました。信仰によって踏み出すべきでしょうか? 「神様は道を開かれる」とデイビッドは決断しました。「まずは、政府と連絡をとり、飛行機を使った伝道活動プログラムのための下準備をしよう」 初めから、役人たちは彼の頼みを退けました。しかし彼はノーという返事を無視して、「申請書はどれですか?」と尋ねました。 ... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より 家族、隣人、そして友人たちが、ゲイツ家のイリノイ農場の草地の滑走路に置かれた飛行機の周りに集まりました。いつもは力強いデイビッドの父親の声が、祈ったときに震えていました。「神様、この伝道飛行機を与えてくださって感謝します。天使を遣わして、南アメリカへ向けて飛ぶ何時間もの間、デイビッドとレイフをお守りください。私たちは、彼らとこの飛行機とをガイアナにおける神様のみわざのためにおささげします」 草地の滑走路を端まで地上移動し、デイビッドとレイフは午後6時ごろに離陸しました。午後10時半に最初の燃料補給のためにチャタヌーガ... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より デイビッドがした飛行機という買い物は、神様が今もなお奇跡を行うのを喜ばれることを証明しました。しかしその飛行機の操業についてはどうでしょうか?ガイアナでは燃料は非常に高価で、奥地では特にそうです。しかし信仰によって、ガイアナアドベンチスト医療飛行機サービス(GAMAS)は、医療を要する患者を病院へ往復搬送する働きを始めました。 デイビッドが食料、医薬品、燃料のためにお金を費やすたびに、だれかが飛行機でやってきて、「私は、これをあなたの費用に当てるために与えるようにという印象を強く受けました」と言って、贈り物を置いてい... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より 数週間後、デイビッドと彼の長女ケイティは、「するべき」ことの長いリストを持ってジョージタウンに飛びました。用事が終わり、ガイアナ教団本部のオフィスに行って、数時間電子メール通信に返事をしました。暗くなってから、宿泊するデイビス記念病院に行くためにタクシーに乗りました。 デイビッドは、「運転手さん、病院から数区画のところにある店で降ろしてください。夕食のために何か買わなくてはいけないので」と言いました。 ふたりは食品を入れた小さな袋を抱え、またデイビッドは書類かばんをしっかり抱えて、病院への短い道のりを急ぎました... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より デイビッドとベッキーは、熱帯で最悪の、寄生虫による病気マラリヤの危険にたえず直面しました。この恐ろしい病気がカイカンで大流行したことがありました。やっかいなことに、適切な治療を施すためには、患者が苦しんでいるのは主な2つのタイプのマラリヤのうち、どちらなのかを判別しなければなりませんでした。マラリヤ原虫ヴィヴァクスはクロロキンとプリマキンに反応しましたが、マラリヤ原虫ファリシパラムはいっそう深刻で、命取りになることがよくあるタイプで、キニーネその他の薬品を必要としました。 ある夜、真夜中近くに、彼らは、誰かがドアを何... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より 2週間ずっと、デイビッドはガイアナの厚生省と密な接触を保ってきました。内陸部での彼の飛行機操業への一時的な認可は、1997年10月31日に期限が切れるのです。彼は宗教奉仕の監督を訪問し、ガイアナ内陸部の医療全体の責任を負っている医師に話をしました。 その医師は彼に言いました、「村の人々のためにあなたがたがしている、たくさんの仕事のことを聞きました。厚生省への必要な書状を3日以内に手に入れることを約束します」 毎日彼の秘書に電話をかけ、厚生省を訪れて、彼がその約束を果たしていないことが明らかになりました。事実、彼... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より 新しい厚生大臣との面会の約束がとれました。前の大臣は拒否しましたが、彼は承認するでしょうか?彼に会いに行くとき、デイビッドとウィンストンは神様の愛顧を祈り求めました。まず彼らは地域開発大臣に会いに立ち寄りました。ウィンストンは、すぐに彼がわかりました。彼らは幼なじみでした。その親しみある態度は彼らに勇気を与えました。 「私は奥地の発展にとても関心があります。あなたたちのプロジェクトを私は全面的に支援します。安心してください」 新しい厚生大臣はセブンスデー・アドベンチストとして育ったけれども、何年も前に宗教に背を向け... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より ジョージタウンから戻り、デイビッドは滑走路から自宅へと急ぎました。坂道を走り下り、彼はドアから、「ベッキー、どこにいるの?神様はまた感動的なことをしておられるよ!」と呼びかけました。 階段からおりてきた彼女は、彼を抱きしめキスをしました。「あなた、倒れる前に座ってちょうだい、私聞いているから」と彼女は言いました。 「民間航空がカマラングに所有している滑走路の隣にある大きな航空標識の塔について話したのを覚えているかい?あのね、その塔の空いてる場所を、テレビ放送のアンテナを設置するために貸してくれるそうだ。神様は僕... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より デイビッドは、是非とも合衆国へ行ってくる必要がありました。出発日が近づいてきます。献金は、収支を合わせるのに必要な額にはほど遠いものでした。ペンを取り、彼は負債のリストを書きました。8月と9月の労賃の支払いに1500ドル必要でした。飛行機燃料に1,000ドル、カマラングのテレビ局の屋根材と建築資材に1,500ドル、そして第2のネット’98サテライトアンテナと受信機を設置するために1,000ドル。 もう一度彼は天の財務官に助けを求めました。「神様、私はまた困っています。現金は2,000ドルしかなく、少なくともあと2,0... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より デイビッドは、放送事業に彼の関心をひきつけた、1993年のまさにその出来事をはっきりと覚えています。テネシー州チャタヌーガのシアーズ店のテレビ売り場を歩いていたその時、突然彼は、当時カレッジデイルSDA教会の主任牧師だったゴードン・ベイツ博士の聞きなれた声を聞きました。彼はテレビで、デイビッドの親友で級友のステファン・ラフからインタビューを受けているところでした。主題は、当時進行中だった、テキサス州ウェイコにおけるデイビッド・コレシュとブランチ・ディビアン教団に対する政府の包囲攻撃のことでした。SDA教会とそのカルトがつな... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より ガイアナにおける神様の恵みの奇跡についてのその良い知らせは、カリブ海と南アメリカで、国から国へと広がって行きました。教会指導者や教会員からの要望が流れ込んで来ました。「助けてください。神様があなたを通してなさっていることを、私たちがどのようにして始めたらよいのか示してください。」 「神様は僕らに、限りなく前進するべき時が来ていると告げているのではないだろうか?」とデイビッドはベッキーに尋ねました。 「私たちは知恵を求めて祈らなくてはならないわ。きっとこれは、私たちが合衆国へ行ってくる時だという、神様の呼びかけかもし... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より ジョージタウンの新しいテレビ局のために寄贈された、伝道用ビデオテープや専門機器を積んで、デイビッドはガイアナに向けて合衆国を発ちました。彼は、冬の寒冷前線のすぐ前を飛びながら、夜間はマイアミ、プエルトリコ、ドミニカ、グレナダ、そしてトリニダードに立ち寄り、その間ずっと高周波無線でイリノイの父親と連絡を保っていました。道すがらデイビッドは、神様がガイアナ政府に対して強く印象づけてくださり、彼の組織、ガイアナアドベンチスト医療飛行機サービス(GAMAS)に無期限運営の認可を与えてくれるように絶えず祈っていました。そうすればGA... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より ある安息日の午後、デイビッドとベッキーは、カイカンの自宅のベランダで共に腰かけて、思い出話をするめったにない機会を楽しんでいました。 「私はここで、そばを流れて行く川を見ながら、とても平安を感じるわ」とベッキーがデイビッドの手を握りしめて言いました。「私たちの小さなカイカン教会で礼拝できる安息日がうれしいの。彼らの歌と一緒にあなたがトランペットを演奏すると、人々の顔が輝いたわ。神様はあなたの上手なトランペットを、多くの訪問者を集会に惹きつけるためにお用いになってきたのね。 私は、この大事な人たちの間で神様に奉仕する... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より 2001年は、人が桁外れの問題と呼ぶような新しいチャレンジをもたらしました。地元ガイアナのボランティアたちは、習わしから離れて神様を見るように変わっていきました。彼らは、神様がなさる問題解決は奇跡だということを知ったからです。神様は、「あなたがたに将来を与え、希望を与えよう」(エレミヤ29:11)と約束しておられ、みわざのあらゆる面を支配されることを彼らは信じました。 最初のチャレンジは、局の電波の強さを最大限にもっていくための伝達装置を作り上げるという、大きな技術的必要を満たすために、ダン・ピークがひとり苦心してい... [read more]
  • コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より 質問.デイビッド、宣教師になるためには何が必要ですか? 答:成功する伝道奉仕にとって一番不可欠な要素は、神様との親密な関係であり、それと共に、神様があなたを伝道奉仕へと導いておられるという確信です。働きの中で困難が生じるとき、召命感を持つことが必要不可欠です。それが人を、奉仕に召してくださった神様に心配事を投げかけて、問題の解決を神様に求めるように導きます。ある人たちは若いときからその召命感を感じており、またほかの人々は人生経験の間に、あるいは外国の現場を訪れているときに感じます。 質問.それには特定の性格、あるいは特別の... [read more]