はじめに

1. ハイジャック!

コラム 「ミッションパイロット」  デイビッド・ゲイツ氏の証より

著者 アイリーン・ラントリー  訳者 留美子ジョンソン・井深光子

私たちは神様を信じ、神様が存在なさることを知っており、そのみわざを見ています。そして無条件に神様に信頼していると口にします。それなのになぜ、神様が私たちの人生において奇跡を行われると驚くのでしょうか?

この“ミッションパイロット”は神様の偉大な働きと導き、デイビッドとベッキーの人生への神様の驚くべき介入を世の人々に叫んでいます。

皆さんは、乳飲み子のデイビッドの内臓が正しく機能するように働かれた、神様のみ手の巧みなわざを認めるでしょう。デイビッドが8歳のとき、ある特別な女の子に、大きくなったら結婚しようと申し込むように、神様が彼に強く印象づけられた理由がわかるでしょう。神様が十代のデイビッドをなぜ飛行機事故から救われたかもわかるでしょうし、また彼の飛行機がハイジャックされて背中にピストルの銃口を感じたときには身震いすることでしょう。神様が彼らを召し、備え、導き、そして何の経済的保証もなく、ただまったく神様に頼って5人の子供たちをジャングルの村に連れて行くようにと、彼らの心を動かされたとき、デイビッドとベッキーを特別な奉仕のために選ばれたということを疑う余地はないでしょう。

長年デイビッドに敬服してきた私どもにとって、この本は感謝の念を確かなものとさせてくれます。この本の美しいところは物語の終わりが述べられていないところです。なぜならまだ終わりが来ていないからです。私がこれを書いている今もなお、デイビッドと彼の愛するベッキー、そして5人の子供たちは南米のジャングルで奉仕しています。ほとんど毎日、神様は直接のしるしをもって新たな展望を開き、彼の伝道の働きを広げるために介入しておられます。数々の物語は、皆さんの神様への愛と、そして神様に栄光を帰すためにこのような人生を選び、危険なところで神様に仕えている宣教師夫婦への敬服の念を増し加えることでしょう。

世の中が物に溢れているこの時代に、今なお神様がどのようにして宣教師を召し、備え、宣教地に送り、奉仕の中で全く神様に頼るようにさせられるかを知り、また目の当たりにして、力が与えられます。ゲイツ家族の献身的な奉仕によって、あなたの人生は祝福され、豊かにされるでしょう。心と魂で、ジャングルでの彼らの質素な生活に参加し、大きく広がる熱帯雨林の上空を飛び、町に潜む盗賊が襲撃したときの天使の守りを経験して、神様はあなたもお守りになるのだということを知ってください。デイビッドや彼の家族、またアメリインディアン〔アメリカ大陸先住民〕のために祈るとき、あなたに与えられている祝福を数えてみてください。そして、「神様が私にするようにと召してくださった働きにおいて、神様の導きに変わらぬ信頼をおくという平安な生活を体験しているだろうか?」と自分自身に問いかけてみてください。

イスラエル・レイトー
セブンスデー・アドベンチスト中部アメリカ部局長

2001年9月
フロリダ州マイアミにて

1. ハイジャック!